WordPressへ移行のポイントとしてパーマリンクの問題をナントカしましたが、実はもう一つあります。これがクリアされないと移行なんてあり得ないのが、ブログ投稿に使用しているectoというソフトの存在です。

2009-01-05_1210.png

これまでにネタフルでも何度となくectoに関しては書いていますが、最大のメリットは画像をドラッグ&ドロップで挿入できる点です。

レビューやレポートを書くのには画像が欠かせませんが、それらをデスクトップからドラッグ&ドロップでブログにアップできる利便性は、ぼくにとっては計り知れないものがあります。

(WordPressの投稿画面も相当に使いやすくなっていると聞きますが)

ということで、ectoがWordPressに対応しているのは知っていたのですが、実際に使えるのかどうか確かめてみました。

最初にアカウントを設定した際にこんなエラーが出てちょっとビックリ。

2009-01-05_1153.png

分かってしまえばなんてことないのですが、要するにXML-RPCを使えるようにする許可が必要なのですね(ありがとう、カイ士伝)。

2009-01-05_1204.png

「設定」の「投稿設定」に「リモート投稿」の設定がありますので、こちらをチョメチョメします。

2009-01-05_1205.png

WordPress、 Movable Type、 MetaWeblog および Blogger XML-RPC 投稿プロトコルを有効にする。

キター!

2009-01-05_1208.png

というとで、無事に認識してくれたので投稿テストです。

2009-01-05_1217.png

フォルアアアー!

2009-01-05_1220.png

トップページ、できたー!

さらに個別ページも!

2009-01-05_1220-1.png

なんだか改行位置が微妙なところがあるのですが、これはこれでなんとかなりそうです。

ついでに画像のポストもテスト。

2009-01-05_1223.png

うむ、こちらも無問題ですね。

システムが変わってもectoで投稿している限りは、基本的な自分のスタイルを全く変える必要がないというのが、ブログ投稿専用ソフトを使っている良さの一つでもありますね。

ついでに、同じく「投稿設定」に「メールでの投稿」というのがありました。

2009-01-05_1226.png

メールを利用して WordPress に投稿するには POP3 アクセスができる秘密のメールアカウントを作成してください。そのアドレスで受信されたすべてのメールが投稿されるので、使用するアドレスは秘密にしておいたほうがいいでしょう。

WordPressがメールを受信して、モブログしてくれるという機能も持っていました(メール受信なのでタイムラグは発生しますが)。

ブログのエントリーをポストしても、ページを生成するMovable Typeのあの感じがないというのは不思議なものですねー。

■WordPressへの道

WordPressへの道~インストール編
WordPressへの道~パーマリンクをゴニョゴニョ編
WordPressへの道~テーマを変更する編
WordPressへの道~ectoで投稿してみる編
WordPressへの道~コメント管理編
WordPressへの道~「WPtouch」でiPhone対応する編
WordPressへの道~まとめ

WordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニック

WordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニック

WordPress逆引きデザイン事典[2.X対応]

WordPress逆引きデザイン事典[2.X対応]