2013 11 24 1625

サウスウェスト航空が、航空機の離着陸時にも機内WiFiサービスを利用できることを発表しました。サウスウェスト航空、機内Wi-Fiサービスを離着陸時もOKにという記事になっています。

米航空会社大手のSouthwest Airlinesは11月20日(現地時間)、機内Wi-Fiサービスを“搭乗ゲートから搭乗ゲートまで”利用できるようにしたと発表した。こうしたサービスは、米航空会社としても同社が初という。

今年は飛行機に乗る機会が多いのですが、たまのことであれば飛行機に乗っている時くらいはネットから遠ざかって、なんて思うのですが、乗る機会が増えると、飛行機でもネットを使いたくなります。

情報収集したり、ブログを書けたら、どんなに素晴らしいことか!

ネットが使えないまでも、離着陸時にPCやiPhone、iPadが使えたら、それはそれで電子書籍を読んだり暇つぶしにもなっていいのになぁ、とか。

なぜ、サウスウェスト航空が離着陸時にWiFi可能にしたかというと、次のように発表があったからなのだそうです。

米連邦航空局(FAA)が10月31日に旅客機の飛行中のすべての段階での携帯電子端末(PED)の使用を認めたことを受けたものだ。離着陸時でも「機内モード」にしていれば通話以外の利用が可能だ。

離着陸時でも「機内モード」だったら通話以外は問題ないのですね!! つまり、通話ではないWiFiの利用であればOKと。現在の日本だと、全ての電子機器の電源を落とすようアナウンスがありますね。

ちなみに、サウスウェスト航空のWiFiサービス「Southwest Airlines WiFi」は1端末あたり8ドルだそうです。間違いなく使いたい金額です。