2011 12 28 1600

アサヒ飲料、Wi-Fi搭載の自販機を展開へ、半径50mに無料の公衆無線LANというニュースがありました。これ、なかなか良いですね!

アサヒ飲料株式会社は27日、無料の公衆無線LANサービスを提供する自動販売機を2012年から展開すると発表した。仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを中心に全国に展開していく予定で、初年度は1000台の設置が目標。

アサヒカルピスビバレッジ株式会社が展開する自動販売機において、タケショウ株式会社が運営する無料公衆無線LANサービス「FREEMOBILE」のアクセスポイントを設置します。

設置された自動販売機の周囲では、半径約50mの範囲で無料のインターネット接続サービスが利用できるようになるとのことです。

気になるWiFiサービスですが、概要は次のようになっています。

公衆無線LANサービスの「FREEMOBILE」は、30分間連続でインターネットに接続でき(再接続も可能)、登録不要で利用できるサービスと、メールによる登録が必要な「FREEMOBILE_SECURE」(WPA2-PSK)が用意される。

どうして無料で利用できるのか、というのが不思議に思われるかもしれませんが、サイトによると「自動販売機の収益をフリーモバイルのサービスに還元する形で、Wi-Fi利用者の契約料や通信料を無料」にしているのだそうです。

なるほど、自動販売機の所有者がコストを負担しているのですね。接続方法も非常に簡単ですし、今後に期待が持てます。

スポット情報によると、現在は関西圏で多く設置されているようです。

休憩スポットのようなところにWiFi対応の自販機が設置されていれば、それはにぎわうことでしょうね。

設置者としては、次のようなメリットもあるということです。

ルーター内に商品情報、地域情報などのコンテンツを保存し、接続時に画面に表示させる「リダイレクト機能」を活用し、設置先店舗の広告や地域の公共施設からの情報を表示するなど、PRや地域の活性化に貢献することが可能です。

WiFiを利用する人に向けて、PRコンテンツを表示することができるのですね。