品質のよいFOMAネットワークでiPadも──ドコモ3G網で使えるモバイルWiFiルータ、6月下旬投入へという記事より。

この機器は、バッテリーで動作する手のひらサイズの小型ボディにワイヤレスWANデータ通信機能と無線LAN機能を備え、(PCや携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、デジタルカメラなどの)無線LAN対応機器でドコモの3G網によるワイヤレスWAN回線を共有できるという。

NTTドコモが、ドコモの3G網に接続することができる「ポータブルWi-Fi」を2010年6月下旬から販売開始するそうです。

イーモバイルの「Pocket WiFi」のような端末ですね。ぼくもNTTBPから「Personal Wireless Router」をモニタで利用させて頂いてますが、その関係は?

持ち歩けるかわいいWiFiルータ「Personal Wireless Router(PWR)」レポート
朝マックしながら「Personal Wireless Router(PWR)」試してみた!
「Personal Wireless Router(PWR)」セキュリティキーを変更してみる

NTTBPから「モバイルWiFiルータの発表に関するお知らせ」というプレスリリースが出ています。

本製品は、PWR(Personal Wireless Router)フィールドトライアルを通じて得られた検証結果およびモニタのご意見ご要望を反映させた製品となっております。

お、やはり「Personal Wireless Router」がベースになっていましたか!

「皆様のご期待、ご要望に応える性能・品質を確保するために」時間はかかったものの、NTTBPとバッファローの共同開発により製品化に至ったということです。

気になるのは料金的なところですが、

現在、PC向けのデータ通信契約には2年間(24か月)の利用を条件に、月額基本使用料を1000円~5985円(プラス mopera Uなどのプロバイダ月額費/500円前後)で利用できる「定額データプラン スタンダード バリュー」+「定額データプラン スタンダード割」(定額データプラン スタンダード割適用なしの場合、2000円~9765円)などがあるが、2010年6月1日~2010年9月30日に実施する上記キャンペーン期間中の加入で、上限4410円(プラス mopera Uなどのプロバイダ月額費)で利用できるようになる。

ということです。キャンペーン期間中に加入すると、月額料金が安くなるのですね。

ドコモのアンテナの強みというのはありますが、あまりイーモバイルなどと価格差がありすぎると、厳しいですよね。

バッテリ動作は、

・待ち受け 30時間
・通信時 6時間

となっています。

■関連記事

バッファロー、ドコモ3G網対応WiFiルータ「ポータブルWi-Fi」を開発

本体サイズは95(幅)×64.4(高さ)×17.4(厚さ)ミリ、重量は約105グラム。バッテリー動作時間は一般通信時で連続約6時間、スタンバイ時で約30時間。同時接続数は最大6台まで。

ドコモ、「定額データプラン」の割引キャンペーン――発売予定のモバイルWi-Fiルータにも適用

ドコモの3G網に対応する、このモバイルWi-Fiルータについても「定額データプラン」の割引キャンペーンを適用するとし、ユーザーはドコモ網を使ったWi-Fi経由のインターネット接続を上限4410円/月で利用できる。

ドコモ3G対応モバイルWi-Fiルータ、バッファローが発売

NTTドコモは同製品の発売に合わせ、データ通信専用料金プラン「定額データプラン」の新規契約(2年間継続利用)を対象とした割引キャンペーンを実施する。新規申し込みから1年間、月額利用料金の上限額を1575円割り引く。