Whisher: 料金制Wi-Fiを手軽にという記事より。

Whisherはひとことで言えば、時間課金のホットスポットシステムだ。専用プラグインを入れると、画面上にいろいろなホットスポットが現れる。

この「Whisher」という仕組み、非常に可能性を感じますね。良い感じ。

2008-04-04_0853.png

これって要するに「Whisher」にクレジットカードを登録しておけば、行く先々で表示されるホットスポットに、暗証番号を買わなくてもすぐに接続できる、という仕組みな訳ですよね。

「FARGLEBOXR」などの暗号化されたホットスポット名ではなく、意味のある名前と時間当たりの料金が表示される。

画面はこんな感じです。

2008-04-04_0900.png

1分あたりの料金が表示されているホットスポットがあることが分かります。ここから自分で選ぶ訳ですね、接続先を。

ホットスポットの利用で面倒に感じるのは、パスワードを購入する手間なんです、確かに。お金を払うのはいいのです。でも現在は、それが面倒。

というところでの「Whisher」ですが、これは是非とも自分でも使いたいサービスです。

プロバイダー向けにホワイトボックスサービスを提供しているので、Whisherのホットスポットを再ブランドしたり、サイバーカフェ用に都度払いのアカウントに利用できる。

いいですねぇ。もちろん無料だともっとありがたいですけど、手軽に有料ホットスポットを利用できる仕組みというのは良いです。

「米国内のカバー範囲はあまり多くないが、海外ではかなり広まっている」のだとか。「Whisher - Map」で探すことができます。

2008-04-04_0858.png

JAPANにもありますな!

これ、なんかうまいこと「FON」と連携できたりして?