総務省、新幹線車内の無線LANサービス向けに400MHz帯を割り当てへという記事より。

総務省は21日、新幹線車内での公衆無線LANサービス向けに400MHz帯の周波数を割り当てる方針を明らかにした。

「N700系」では将来的に車内で無線LANが使えるようになると聞いていて、継続して実験をしているのは知っていたのですが、総務省が400MHz帯の周波数を割り当てる方針だそうです。

N700系車内の公衆無線LANサービスは、JR東海が2009年春よりサービスを開始する予定。東京~新大阪駅間で提供し、2.4GHz帯を利用して通信速度は下り2Mbps、上り1Mbpsとなる予定だ。

これが本格的に稼働したら、飛行機より新幹線で、という人も増えるのでしょうね、きっと。

■関連エントリー

「N700系新幹線」試乗会レポートのまとめ