Intel MacをFONの無線LANアクセスポイントにするソフト、ベータ版公開という記事より。

ユーザー参加型の無線LANネットワークを展開するFONは24日、Intel CPUを搭載したMacをFONの無線LANアクセスポイントにするソフト「Mac Fonspot」のベータ版(バージョン0.2)をリリースした。

Macにはもともと無線LANのベースステーションになる機能が備わっているのですが、それをFONのアクセスポイントとしても利用できるようにする「Mac Fonspot」というソフトが公開されたそうです。

FON Labsが開発したもので、FONの創業者兼CEOであるMartin Varsavsky氏のサイトからダウンロードできる。

Macユーザならば、より手軽にFONのアクセスポイントを開設できるようになる、ということですよね。しかもMacBookだったら移動体。

FONは住所を入力して、それが地図で表示されるというのが心配で、まだ試していないのですね。

でも、久しぶりに「Simple FON Maps」を見たら、ものすごくアクセスポイントが増えている気がしますね。

Fonmap1