自動車専用のインターネットサービスがスタートという記事より。

米Autonet Mobileは1月3日、自動車そのものをWi-Fiホットスポットにすることで、移動中の車内でのネット利用を可能とする製品を開発したと発表した。

「Autonet Mobile Unit」をシガーソケットに接続するだけで、クルマの中でWiFiが利用できるようになってしまうのだそうです。

「米国内の道路の95%で利用できるよう設計されている」ということなのですが、どんな技術になっているのでしょうか。本体価格は399ドル、月額は49ドルということで、意外にリーズナブルな印象です。

New York Timesら複数のメディアの報道によると、レンタカー大手のAvisが、Autonet Mobile Unitをレンタカー利用客に対し、1日10.95ドルで貸し出すことを明らかにした。

旅行の途中でレンタカーを借りたらWiFiがついているなんてのは素敵ですね。いつでもどこでも、旅先の観光名所が検索できてしまう訳です。