livedoor Wireless、ブラウザ無しで利用できるMACアドレス認証サービスという記事より。

ライブドアが運営する公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」は、MACアドレスによる自動認証サービスのベータテストを12月25日に開始する

「livedoor Wireless」が、MACアドレスによる自動認証サービスに対応することで、ブラウザを介さなくても利用が可能になるそうです。

これまでlivedoor Wirelessを含む公衆無線LANサービスの多く、指定されたSSIDと暗号キーでアクセスポイントにアクセスし、さらにブラウザからIDとパスワードを入力してログインする方式が主流だった。

MACアドレスによる自動認証により、この作業がスキップされるということなのですね。これによりニンテンドーDSやSkype搭載電話などからも利用が可能になるということです。

アクセスポイントの面的展開を謳い敷設を続けてきたアクセスポイント数は当初予定されていた2,200カ所の設置を完了。

記事ではアクセスポイントの地図も紹介されているのですが、よくぞここまでアクセスポイントを設置しましたね‥‥。

ぼくも一度は契約したのですが、使うこともなく解約してしまいました。

ニンテンドーDSで使えるlivedoor WirelessのMACアドレス認証サービスをテストというエントリーで、実際にテストしている様子が読めます。

ただ1つ気になったのは、MACアドレスを登録するとlivedoor WirelessからMACアドレス登録の確認メールが通知されること。確認メール自体は良いことだと思いますが、受け取ったメールには自分が登録したMACアドレスがそのまま記載されていました……。

今後、要改善希望なところですね。

■関連記事

livedoor wireless、MACアドレスによる認証を開始-ニンテンドーDSにも対応

12月22日の株主総会にて、ライブドア代表取締役の平松庚三氏がサービス撤退や他社との提携を検討していることを明らかにしているが、広報では「他社との提携なども検討しているが、直近でのサービス撤退はない」としている。

「livedoor Wireless」、無線LAN対応のPDAや携帯端末での利用が容易に

同サービスでは、利用する無線LAN機能搭載端末のMACアドレスを事前登録しておくと、livedoor Wirelessのサービス提供範囲内に入ると自動的に接続され、すぐに高速無線LANが利用可能になる。