09年春から新幹線でインターネットという記事より。

JR東海は28日、来年夏から投入する東海道新幹線の次世代車両「N700系」で2009年春から、東京~新大阪の全区間でどの席からも、無線LANでインターネットに接続できるサービスを始めると発表した。

今年の春は新幹線に乗る機会が多かったのですが、確かにウィルコムでは電波をつかまえられない場面もあって、新幹線の中でも普通にインターネットが使えたら便利だろなぁ、と思っていました。

16両編成で32カ所のアクセスポイントを車内に設け、線路と並行して敷設されたケーブルと列車無線で通信することにより、トンネルや山間部でも安定した接続環境を維持できるという。

来年から導入される「N700」系が、2009年春より対応するそうで、東京~新大阪の全区間でどの席からも無線LANでインターネットができるようになるということです。

しかしぼくは積極的には利用できないと思います。というのも、新幹線に乗りながらノートPCを使っていると酔うことが判明したのです。以前はこんなことなかったんですけどねぇ。