スポンサードリンク

「802.11n」のドラフト版が採択

スポンサードリンク

IEEEの会合で次世代無線LAN規格「802.11n」のドラフト版が採択という記事。

Atheros Communicationsは、米国時間19日にハワイで行なわれたIEEEの会合で次世代無線LAN規格「IEEE 802.11n」のドラフト版が満場一致で採択されたと発表した。

スポンサードリンク

無線LANの規格にもb、a、gがありますが、今度はnですか。

Broadcom、IEEE 802.11nドラフト版に準拠した無線LANチップセットを発表によると「チップセットとしては、物理層で最大300Mbps以上の無線LAN通信が可能」ということで、かなり高速な通信が可能になっている規格のようです。

スポンサードリンク

前へ

「デート通.jp」がリニューアル

次へ

検索エンジンで「Google」と検索する人が多いようだ