つくばエクスプレス全駅に公衆無線LANのアクセスポイントが導入という記事より。

首都圏新都市鉄道とNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は15日、つくばエクスプレスの全20駅での公衆無線LAN環境整備が完了したと発表した。

つくばエクスプレス全20駅の改札口およびホームで公衆無線LANサービスの利用が可能になったそうです。進化し続けるつくばエクスプレス。

ただ、やはり利用者として気になるのは、

つくばエクスプレスでは、列車の移動中にも利用できる公衆無線LANの実験サービスを提供しているが、こちらのエリアはサービス開始当初の5駅4区間から変更はなく、対象車両も1車両のみ。

こちらですよね。お金を払っても使いたい、と思うのはこっちなんだよな。