So-net、1日350円で利用できる「公衆無線LANデイリープラン」を開始という記事より。

ソニーコミュニケーションネットワーク(So-net)は11月2日、公衆無線LANサービスを1日350円で使用できる「公衆無線LANデイリープラン」を開始した。

一瞬、livedoor wirelessより安い!? とか思ったのですが、そんなことはありませんでしたね。

「公衆無線LANデイリープラン」は、NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」と日本テレコムの「BBモバイルポイント」のアクセスポイントが利用できるそうで、それぞれ3,000カ所、820カ所が設置されているそうです。これを24時間350円で利用できるというサービス。

確かにですよ。無線LANのアクセスポイントを利用したいということは、1カ月ずーっと続くわけではないので、こういうスポット的な使い方でも良いのかもしれませんね。

とりあえずlivedoor wirelessも契約しているのですが、W-ZERO3を購入したら必要なくなるんじゃないかと解約を検討中です。まあ、アクセスポイントの数次第、といったところでしょうかね。

■関連記事

So-net、350円で公衆無線LANを24時間使い放題のサービス

同サービスにより、「外出先でもロケーションフリーテレビで自宅のテレビを見たり、PSP(プレイステーション・ポータブル)でオンライン・ゲームを楽しめる」という。