livedoor Wirelessが2度目のサービス延期、正式サービスは12月1日からという記事より。

livedoor Wirelessは当初10月1日に正式サービスを開始する予定だったが、9月11日に行なわれた衆議院議員選挙の影響でアクセスポイントの設置工事に遅れが生じたとし、正式サービスを11月1日に延期していた。

「livedoor wireless」のエリア広がるというエントリーも書いたのですが、またもや「livedoor Wireless」のサービス開始が延期になったそうです。

「現在山手線エリアで1,000カ所のアクセスポイントを設置、10月末には1,200カ所で利用が可能になる」ということで、アクセスポイントはかなり増えてきていますが、「当初の目標に対して十分な数に至っていない」ということで、二度目のサービス延期になりました。

焦って正式サービスを開始して「繋がらない」という評判になるよりは、準備を進めた方が確かに得策です。

■関連記事

ライブドア無線LAN、正式サービスまた延期

アクセスポイント敷設計画はWebサイトで公開中。山手線圏内2200カ所の設置が終わり次第、東京23区内に、電柱を使って4000カ所のAPを設置。自動販売機を利用し、さらに数千カ所に設置する計画だ。