ライブドア、自動販売機を利用してlivedoor Wirelessを屋内施設へ展開という記事より。

ホーキングは、自動販売機の管理会社が設立した会社で、ライブドアはホーキング傘下の自動販売機オペレーターが所有する全国約112万台の自動販売機へブロードバンド回線を引き込み、合わせてlivedoor Wirelessのアクセスポイントを設置する。

「オフィスビルや商業施設内でのlivedoor Wirelessサービス展開が可能になる」ということですが、これは凄い提携ですね。全国で112万台ですか。

アクセスポイントの設置交渉や自動販売機の営業はホーキングおよび傘下のオペレーターが行なう。このため、ライブドアでは短期間かつ低コストで屋内のエリア展開が可能としている。

Yahoo! BB モバイルの方が価格が安いので、一瞬クラッときたのですが、こうした機動力というかエリア展開で期待できそうなので、引き続き「livedoor Wireless」を契約しておきたいと思います。「第一次設置目標は数千台から1万台規模」ということですが、将来に期待ですよ。

■関連記事

電柱だけでなくIT自販機も利用――livedoor Wirelessのアクセスポイント拡大策

設置する自動販売機は液晶画面が付いた「メディアベンダー」で、ブロードバンド回線を利用して動画コンテンツや情報をリアルタイムに発信できる特徴がある。