ライブドアの公衆無線LAN「livedoor Wireless」速攻レポートが早速Broadband Watchに。

SSID設定後にブラウザを起動、インターネットに接続しようとすると自動的にlivedoor Wirelessのポータルが表示される。ここでlivedoor IDとパスワードを入力すれば、livedoorポータル内のサービスが無料で利用可能だ。

あ、別にURLとか入力しなくても、インターネットに接続しようとするだけでlivedoor Wirelessのポータルが表示されるんですね。ということは、事前にPSPやPowerBookにSSID、WEPキーを登録しておけば良いんですね。

プレイステーション・ポータブル(PSP)の最新バージョン「2.00」で搭載されたブラウザ機能から接続したところ、「サーバーの提示したルートCA証明書を持っていない」との注意が表示されるものの、サービス自体は問題なく利用できた。

ナイスレポート!

「PSPで閲覧するにはlivedoorのポータルは少々容量が大きく、特に地図などデータ量の大きいサービスの利用はかなり待たされることがあった」ということで、いち早くライブドアには「PSP向けポータル」を開設して欲しいですね。So-netよりも先に。わはは。

速度に関しては速いに越したことはありませんが、メール、ウェブブラウズができれば十分なので、それなりに速ければ、と思っています。

アクセスポイントが設置された電柱の真下で、インプレスTVの番組を300kbps・Windows Media Playerで再生し、もう片方のアクセスポイントまで徒歩で移動したところ、2つのアクセスポイントの中間地点で一旦映像が止まったものの、もう1つのアクセスポイントに近づいた時点で自動でアクセスポイントに接続、続きの映像が再生された。

この実験も面白いですね。実際には移動しながら接続することってあまりないような気もしますが、自動でアクセスポイントが切り替わるということが分かります。さすが、Broadband Watch!