「4万ユーザーを獲得しなければ失敗」――ライブドアの公衆無線LANサービスという記事がありました。

ライブドアが10月1日に開始する予定の公衆無線LANサービス「D-cubic」は、はたして成功するのだろうか。野村総合研究所(NRI)は7月26日、同事業に関する試算を公表した。

野村総合研究所の試算によると、ずばり約4万ユーザを獲得する必要があるそうです。

ちなみに野村総合研究所の調査によれば「公衆無線LANサービスの有料利用者数は2005年3月時点で約10万人」だそうです。サービス全体の規模から考えると難しい数字にも思えますが、サービス内容でインパクトを与えることができれば、決して不可能な数字ではありません。

また野村総合研究所は、

・初期投資は7億円
・年間の運営費は1億3200万円
・合計で年間2億4900万円の費用

などと試算しており、これを回収するために「月額525円×12カ月×4万ユーザー=2億5200万円」という数字が出てきたそうです。2億5,000万円で運営できるのは、逆に安いかな、と思ってしまいましたが。