無線USBの標準仕様「Wireless USB 1.0」が完成という記事より。

Wireless USBは,無線技術の柔軟性と有線USB技術の使い易さ,速度,セキュリティを兼ね備えた高速無線技術。パソコン,家電,モバイル製品で利用でき,既存のUSBインフラとの後方互換性を備える。

無線USBの普及促進を図る業界グループWireless USB Promoter Groupが、USBを無線化する「Wireless USB 1.0」仕様の策定が終了したことを発表しました。

USB機器が無線で接続できるということですか。それは確かに便利そうです。特にプリンター、デジカメ、外付けHDDなどは大きな恩恵を受けそうですね。

ちなみに「Wireless USB」の通信速度は、無線通信距離が3mのときにUSB 2.0のハイスピード・モードと同じデータ転送速度である480Mbps,通信距離が10mで110Mbpsとかなり高速です。

対応製品の登場が楽しみです。

■関連記事

ワイヤレスUSB仕様完成、年内に初の製品が登場

同グループのチェアマンであるJeff Ravencraft氏によると、年内にはアドインカードや外部アダプターなどの形で初のWUSB対応製品が登場する見込みだという。

USBを無線化するワイヤレスUSB規格が完成

今後はUSB規格を管轄するUSB Implementers Forum(USB-IF)において、認定作業やロゴライセンスなどが行なわれる。