都営地下鉄全駅に公衆無線LANスポットという記事より。

NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)とNTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2月2日、都営地下鉄駅構内で無線LAN設備を構築することを発表した。

一時、無線LANがブームになり、これでどこでもインターネットできるじゃん! という盛り上がりを見せ、しかし思ったようにアクセスポイントが増えずに、意気消沈していた無線LANでしたが、確実に利用できる場所を広げつつあるのではないかと感じている昨今です。

3月末よりサービスを開始し、都営新宿線9駅、浅草線11駅の合計20駅で、順次公衆無線LANが利用できるようになる。2006年3月末までには、都営新宿線、浅草線、三田線、大江戸線の全106駅に拡大される予定。

都営地下鉄全駅というのは凄いですね。NTTBP「無線LAN倶楽部」、NTTコム「ホットスポット」、NTT東日本「フレッツ・スポット」「Mフレッツメイト フレッツ・スポット併用タイプ」、NTTドコモ「Mzone」といった複数の事業者のサービスを共用で使えるそうです。

■関連記事

東京・地下に“無線サービス圏”誕生,都営地下鉄も全駅で提供

3月にサービスを開始するのは,都営新宿線(写真)の新宿3丁目〜浜町間の9駅,都営浅草線の西馬込〜東銀座間の11駅。順次サービス提供駅を拡大していく。