スポンサードリンク

802.11g採用「フレッツ・スポット」

スポンサードリンク

NTT東日本、802.11g採用の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」という記事より。数をどれだけ増やせるか、が鍵?

NTT東日本は、IEEE 802.11gおよびIEEE 802.11bに準拠し、プロバイダーを選択できる公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を12月1日より開始する。サービス開始当初は大手私鉄の主要駅を中心に約120カ所のアクセスポイントを設置し、2005年度末までにはNTT東日本エリア内で3,500カ所に拡大するという。料金は、 NTT東日本のフレッツシリーズユーザーの場合で各プランとも月額840円。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

デジタル一眼レフカメラ比較

次へ

真鍋かをり、マナー向上のクリーンアップ隊長に