月額210円から利用できる公衆無線LANサービス「Wireless Gate」が登場です。

トリプレットゲートは、公衆無線LANサービス「Wireless Gate」を10月6日より開始する。月額基本料金は210円で、1回の利用に315円または399円が追加して必要。当初は大都市を中心とした500カ所でサービスを提供する。

ホットスポットも一段落したというか、アクセスポイントが思ったより少なくてまだあまり現実的ではなかったというか、そういう部分で一頃より話題になることが少なくなっていた公衆無線LANサービスですが、複数サービスをアグリゲーションするサービスが登場しました。

携帯電話とも連動し、携帯電話向けのサイトから付近にあるWireless Gateのアクセスポイントを検索できる。アクセスポイントには距離や料金、利用頻度といった情報に基づいたランキングシステム「AP rank」の番号がそれぞれ付与されるほか、駅名や住所、電話番号といった現在地の情報を設定することでアクセスポイントまでの道順も表示する。

この機能のおかげで、いざという時にもサービスを探し出せるというのは、より使い勝手が良くなることでしょう。あらかじめ検索しておいてだと、やはり緊急の場合に使えないのが困ります。

月額料金は基本料金が210円で、追加して315円または399円を支払うことでアクセスポイントを2時間利用できる。

この料金設定であれば、保険の意味で加入しておいても良いかもしれません。よく利用する人には定額制サービスなども導入されるとありがたいのでしょうが。

提携する公衆無線LAN事業者は現在のところNTTブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)の「公衆無線LAN倶楽部」、日本テレコムの「モバイルポイント」、日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)の「みあこネット」の3サービス。サービス提供エリアは約500カ所で、2004年度中には2,000カ所まで拡大予定という。

基本は数があってこそ、だと思うので、期待したいと思います。

ユーザー数の獲得目標は、2004年度内に2.5万人、2006年度に35万人で、売り上げ目標は2004年度で2,000万円、2006年度で10億円。会場では「強気の数字ではないか」との質問も挙がったが、池田氏は「現在PHSの定額制データ通信サービスが140万人で、こういったユーザーのプラスアルファとして加入してもらえれば1%でも1万4,000人。ターゲットにきちんとプロモーションしていけばそれほど強気の数字ではない」と答えた。

Wireless Gate