プラネックス、実売9,980円の11g無線LANルータ&カードセットモデルです。

プラネックスコミュニケーションズは、IEEE 802.11gに準拠した無線LANルータと無線LANカードのセットモデル「BLW-04GZ-PK」を4月中旬より発売する。オープンプライスで、店頭販売価格は9,980円前後と1万円を切る見込み。

この分野では、本当にプラネックスはチャレンジャーですね。g対応の無線ルータとPCカードがセットで9,980円ですか。

BLW-04GZ-PKは、無線LANルータ「BLW-04GZ」に無線LANカード「GW-NS54GMX」を同梱した製品。BLW-04GZの本体機能としては、PPPoE接続やUPnP、DMZホスト機能、ローカルサーバー機能、VPNパススルー機能などを搭載し、FTP計測値の有線スループットは25Mbps(公称値)を計測する。

家庭内LANを組むならば、無線LAN以外は考えられない時代ですね。

他にも1万円を切るルータは下記のようなものがあります。

WGR614JP 11g

■関連記事

1万円で始められる手軽な無線LAN プラネックス「BLW-04GZ-PK」

ただし、ワンランク下とは言っても、実用上は何の問題もないだろう。さすがに数百MB~数GBといったファイルを転送するとなると辛いが、インターネットに接続して、ホームページを閲覧したり、メールを送受信するのには、ほとんどストレスを感じない。

プラネックス、1万円切る802.11g対応ルータ「BLW-04GM」

プラネックス、実売1万円を切るIEEE 802.11g対応ルータ「BLW-04GM」 です。IEEE 802.11g対応のルータも次々と登場しますが、ついに実売価格で1万円を切るそうです。Amazonだと8,770円ですね。