Wi-Fiの利用は職場よりも家庭の方が進んでいる~米IDC調査

アメリカの調査会社IDCによると、無線LANの利用状況は、家庭が34%だったのに対して、職場は27%だったそうです。無線LANはセキュリティの問題もあるし、今ある有線LANをわざわざリプレースする必要もないでしょうから、そういう意味では職場では普及が進みにくいのかもしれません。

逆に、家庭の場合は無駄な配線をなくし部屋をすっきりさせたり、ベッドやソファでパソコンを使いたいといった需要はかなりあるんじゃないかと思います。しかも、最近は機器もかなり安くなってきていますから。

コレガ、AP間接続を行える11bアクセスポイント

例えば家の中で電波が届きにくい場合もあると思います。壁が何十にもあるとか、一階と二階とか。そういう時にはこのような、アクセスポイント同士を無線接続することができる機器が役立ちます。最近は価格も下がってきていますから、導入しやすいと思います。ちなみに、このコレガの製品は8,680円です。