Broadcom、サイズを87%縮小した切手大802.11bモジュール

このソリューション最初のチップ製品はIEEE 802.11bに対応する「BCM4317」で、基板面積を87%縮小、消費電力は最大で97%低減した。このため、ノートパソコン以外にPDA、ゲーム機、携帯電話、小型デジタルカメラなどの搭載も見込んでいるという。

大きさは1円くらいです! これはイイですね。携帯電話がIP電話の機能が搭載される日も、そう遠くはないように思います。消費電力の問題は大きかったですからね。このチップを使えばクリアできそうな予感がします。

無線LANと3Gの統合進める新チップが登場

Wi-Fiと3G携帯電話ネットワークを補完的に利用することで、キャリアは、加入者がWi-Fiホットスポットの近くにいる場合は高速な無線アクセスを提供し、それ以外の広大なエリアでは携帯電話技術で低速なアクセスを提供するという、二段構えのサービスを提供できる。