米Intel、IEEE802.16aチップ開発の意向を表明という記事より。

IEEE802.16a規格は2~11GHz帯を使用し、通信できる距離は最大約48km、通信速度は最大で70Mbpsとなっている。ラストマイル問題を解決するための有望な技術と見られているほか、ホットスポット同士を接続して無線ネットワークを作るためにも応用できると考えられている。

す、すげー技術だ。まあ“最大”ということは差し引いても、数kmの距離を数Mbpsで結べたら、こりゃ凄いことですよ。ホットスポット同士も繋がりまくりで、もう有線を引かなくったっていいじゃん(笑) この技術の恩恵を受ける人たち、地域は多そうですね。是非とも実現して欲しいものです。