「Wii」に関するレポート記事も、次々に登場しています。まだ欲しいくて手に入らない人もいれば、こうした記事を読んで欲しくなっている人もいるかもしれませんね。

最初から本体に搭載されているMii機能にもちょっとハマっています。家族の似顔絵をつくる、プレイしているゲームの中に登場するのです。

友だちからMiiが送られてくるのですが、ボーリング中に観客で登場していたり。細かいところですが、Miiがあることでゲームがより楽しくなっている気がします。

「Wii」のレポート記事をいくつかまとめておきます。

Wii

Wii

■関連記事

Wii使用レポート その1:ハードウェア編 センサーバーをうまく設置することがWiiリモコンを生かすカギ

センサーバーとWiiリモコンは、取扱説明書にもあるとおり、お互いが約1m以上離れた状態でないと、細かい移動などを行なうときにうまく反応してくれない。今までは「目に悪いから画面から離れて」という理由が画面から距離をおくための最大の理由だったが、Wiiではさらにもう1つの理由ができた。

Wii使用レポート その2:ハードウェア編 Part2 「Wiiメニュー」からすべてが始まる

改めて言うまでもないが、インターネット接続機能を持ち、フラッシュメモリを搭載しているWiiは、ネットワークでアップデートできる。これは今までの任天堂据え置き機としては初の機能だ。

Wii使用レポート その3:ソフトウェア編 単なるアバターではない「Mii」

いつどういった条件でMiiが移動するのかがわからないので、ちょっともどかしかったりもするが、Wiiがデータのやり取りをしたときは、ディスクスロットの周りが青く光るので覚えておこう。

「Wii」ソフトウェアカタログ 年末年始のソフトから「バーチャルコンソール」まで

ここでは、Wii発売から年末年始にかけて発売予定の23タイトルを順に紹介していく。