Forbes記者が任天堂の「Wii」を使ってみたという記事より。

ユーザーが、身体の動きで仮想世界と触れ合うことができるようにすることで、任天堂はビデオゲームの印象をガラリと変えた。ビデオゲームはにわかに、はまりやすく、病みつきになる度合いを増したのだ。さらに、これまでゲーム機を買おうなどと考えたことのない消費者の関心を引く可能性も高まった。

Forbes.comの記者が「Wii」を体験したレポートを書いています。「Wii Sports」を試したそうなのですが、読んでいるこっちまで楽しくなってしまうレポートです。

プレイヤーは本物のラケットと同じようにWiiリモコンを振る。体の動かし方を変えれば、ボールを打つ力を加減したり、ボールにスピンをかけたりすることもできる。

おお、そんな細かい調整まででくきるのですね。やっぱりテニス経験者の方がうまいのでしょうか?

ハードコア・ゲーマーたちがプレイを終えて、それほどビデオゲーム好きとは言えない編集者の番になった。Wiiリモコンが真価を発揮したのは、まさにこのときだ。野球のボールを投げるのに、秘儀のようなボタン操作の組み合わせは必要ない。ただ振りかぶって、実際の投球動作を演じるだけだ。

そうそう、このシンプルさが良いのですよね。「ビデオゲームをすることでパーティーのような騒ぎになった」というのが象徴的ではないかと思います。

いよいよ発売日も来週の土曜日に迫ってきましたね。楽しみです!

Wii Sports

Wii Sports

Wii

Wii