4890133496

イスラエルの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表したところによると、サッカリンやスクラロースなどの人工甘味料が腸内細菌のバランスを崩すことが明らかになったということです。人工甘味料で代謝異常 腸内細菌のバランス崩すという記事になっていました。

菓子や清涼飲料に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果を、イスラエルの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に17日発表した。

清涼飲料数は特に子供たちも口にする機会が多いのですが、そこで使われるサッカリン、スクラロース、アスパルテームといった人工甘味料が、腸内細菌のバランスを崩すことが、マウスの実験で明らかになったそうです。

腸内細菌のバランスが崩れるとどうなるのか。血糖値が下がりにくくなり、糖尿病や肥満などのリスクが高まります。

チームの研究者は「大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と警告している。

ローカロリーやゼロカロリーの清涼飲料数にも人工甘味料が使われていたりしますよね。ちょっと飲みすぎ注意ですね。