大河内奈々子が俳優宅間孝行と仏滅婚という記事より。

女優大河内奈々子(29)が27日、劇団東京セレソンDXを主宰している俳優宅間孝行(36)と結婚した。この日、都内の区役所に婚姻届を提出したことを、所属事務所がファクスで発表した。

もともと大河内奈々子が劇団の公演を見てファンになったことがきっかけだったそうです。交際は2005年10月からということで、1年のお付き合いを経ての結婚ということですね。

2人は「11月27日は2人が付き合いだしてからちょうど1年の節目の日です。仏滅だけど関係ねえやって感じでこの日の入籍を決めました」とコメントした。

「いいフナ」の日ですか。

宅間孝行という人は知らなかったのですが、宅間孝行 - Wikipediaがありますね。

早稲田大学中退。1997年、武田秀臣とともに劇団『東京セレソンデラックス』を旗揚げ。主宰を勤めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。

「タイガー&ドラゴン」などに出演している他、「アタックNO.1」「花より男子」の脚本を手がけています。顔写真はココです。男前っすね。

おめでとうございます!

タイガー & ドラゴン DVD-BOX

タイガー & ドラゴン DVD-BOX

新キッズ・ウォー DVD-BOX

新キッズ・ウォー DVD-BOX

■関連記事

大河内奈々子が仏滅ゴールイン

新妻となった大河内は15歳からティーン向け雑誌のモデルとして活躍。その後、映画、舞台からバラエティー番組まで幅広く活躍してきた。今後も仕事は続ける方針。所属事務所によると、妊娠はしていないという。

大河内奈々子が俳優宅間孝行と仏滅婚

3年前、大河内が知人の紹介で同劇団の公演を見てファンとなり、昨年10月に大河内の舞台を宅間が訪れたことをきっかけに交際が始まったという。今年6月5日に婚約。挙式、披露宴は未定。

大河内奈々子結婚「仏滅だけど関係ねえや」と入籍

大河内さんは、15歳からモデルを務め、平成8年井筒和幸監督の映画「岸和田少年愚連隊」の主演デビュー。