スポンサードリンク

「個人開発のフリマ」個人開発のアプリやサービスを売買できるフリマサイト

スポンサードリンク

「個人開発のフリマ」個人開発のアプリやサービスを売買できるフリマサイト

個人開発したアプリやサービスを売買することができるフリマサイト「個人開発のフリマ」がオープンしています。

個人開発したアプリ・サービスを売却したい人と、それを買収したい人のマッチングサービスです。

スポンサードリンク

チェックすると、

・簡単ランキング作成サービス
・FacebookやTwitterのカバー画像が作成できるサービス
・バス釣りに特化した釣果の共有サービス

などが販売されています。

まちかどルート」というアプリは5,000万円という値段に交渉相手が現れているそうです。

「個人開発のフリマ」個人開発のアプリやサービスを売買できるフリマサイト

【速報】 個人開発アプリに5,000万円の買い手が現れました。これから交渉しますという記事が書かれています。

既に売却されたFacebookグループもありますが、そういうものもフリマの対象になるのですね。運営を終えたいと思っているFacebookグループがあれば売却するという手もあるのですね。

そのあたりの経緯は「個人開発のフリマ」で第一号サービスが売却されるまでで綴られています。開発者の方のサービスだそうです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【最大30%オフ】梅雨に備える!Amazonが「梅雨対策特集 2019」開設

次へ

ネタリスト(2019/05/31 09:30)市販「液体のり」白血病治療の救世主に?