スポンサードリンク

無償のロゴ自動生成サービス「Hatchful」

スポンサードリンク

Hatchful」という無償のロゴ自動生成サービスが話題になっていたので試してみました。たくさんある画像やフォントを自動的に組み合わせ、ロゴを作成してくれるというサービスです。

手軽に利用できる反面、もしかするとアイコンなどはどこかのサービスと被る可能性はあるのかな、とは思いましたが、興味のある人はぜひ試してみてください。とにかく手軽です。

スポンサードリンク

ロゴ自動生成サービス「Hatchful」を試す

特にユーザー登録なく使うことができます。

最初にビジネスの種類を選びます。ぼくは「Tech」にしました。

続いてビジネススタイルを選びます。ここは少し悩みましたが、何度でもトライすれば良いかと思い、なんとなく選びました。

ビジネスネームを入力します。日本語だとフォントがないので「NETAFULL」と入力しました。

ロゴを何に使うのかを選びます。

これでロゴが大量に自動生成されます!

これでも一部なのですが、迷うくらいに大量のロゴ候補が表示されます。だんだん麻痺してきますね‥‥。

結果、このロゴを選択しました。

最後にビジネスネーム、フォント、色、アイコン、レイアウトなどを調整します。

色を変更する画面。

アイコンを変更する画面。

レイアウトを変更する画面。

気に入ったらこれで完了です。

オリジナルのロゴが生成されました!

ロゴパッケージには高解像度のもの、ファビコン、Facebookのプロフィール用、Twitterバナー、YouTubeのプロフィール画像など、いたれりつくせりで様々なものが入っています。

ダウンロードを選ぶとメールで送られてくることが分かります。いつでも解除できるということですが、このサービスでメールアドレスを集めている‥‥ということなのでしょうかね。

もともとデザインテンプレートなどを販売しているようなので、ロゴ作成からそうしたビジネスに繋げていこう、ということなのでしょう。

手軽に試すことができるので、興味のある人は「Hatchful」から試してみてください。

紹介されていた方が、ロゴの自動生成サービス「Free Logo Generator Online」が今までにないレベルで高機能だった話と、これはデザイナの仕事を奪うのかどうか。という記事も書かれていました。

@rdlabo

スポンサードリンク

前へ

【なべやき屋キンレイ】水が要らない鍋で温めるだけの冷凍ラーメンを食べた【感想】

次へ

さくらももこ、乳がんで死去