スポンサードリンク

何か起こるのではないかとずっと見続けてしまうアラスカに設置されたクマのライブカメラが危険

スポンサードリンク

Bear cam 07 08 1105 1

@mehori がFacebookで妙にクマクマしていたのは、この記事のクマカメラのことでしたか。24時間アラスカの野生のクマを生放送している Bearcam が想像以上の癒しという記事で紹介されている、アラスカに設置された「Bearcam」うっかり見始めると危険です。

いつ開いても、たいていヒグマがいて、滝壺でサーモンを狙っています。ときには小熊をつれた母親クマも。滝の水音もすべて生中継で、見ていて飽きない上に気持ちが落ち着きます。おそるべし "Bearcam"。

スポンサードリンク

日本時間では今くらいの時間帯が見頃だそうで、たくさんのクマが滝壺に魚を獲りにやってきている様子が見られます。

Bear cam 07 08 1108

魚がピュンピュンと滝を登っていく様子も見られ、いつクマが魚を獲るんだと凝視しはじめると、目を離すことができません。どんどん時間を消費してしまう! 怖い! 危険!

なぜここにいつもクマがいるかというと、場所がそもそも有名なクマウォッチングのスポットで、ここにすえられた観察用のプラットフォームに、カメラが設置してあるのだそうです。

場所は「カトマイ国立公園の Brooks Falls の定点カメラ」だそうです。

ポップアップウィンドウでライブストリーミング状態の「Bearcam」を切り離すこともできるので、マルチウインドウで作業している人は、片隅に置いておくと癒やしになるかも?

>>Bearcam

スポンサードリンク

前へ

テレビ朝日社長「好調のアベマTVを経営計画の一つの柱に」

次へ

宇多田ヒカル、2016年9月28日に8年半ぶりのアルバムをリリース