2013 05 16 1204

ヴィレッジヴァンガードの凄さというのは、全く興味のなかったものにまで興味を持たせてしまう、店頭のPOPだと思います。あの“POP力”。

その“POP力”が、書籍ではなく不動産に遺憾なく発揮されているのが、ヴィレッジヴァンガードの不動産サイト「ヴィレッジ不動産」です。

サイト開設は少し前だったのですが、ようやくじっくりと眺めることができました。

「ちょっと変わった賃貸物件を探せます」ということですが、普通だったら見逃されてしまいそうな物件、普通だったらう〜んとなってしまいそうな物件に“POP力”で付加価値を与えているサイトです。

例えば、コレ

2013 05 16 1209

普通に築年数のいった物件だと思うのですが、ついているキャッチコピーが「70年代後期のレトロ物件に住む」ですよ。レトロ物件ときましたか。

レトロ好きのみなさん。 まだまだありました70年代後期のレトロ物件。 レトロ好きのツボを抑えまくった、可愛いお部屋。 ドア、床、トイレ、お風呂、全てがレトロ。 きゅぅぅぅぅん。

超ヴィレッジヴァンガードテイスト。

なんか、この部屋に住んで「70年代レトロが好きなんで」と、後付けで言い張ってもいいんじゃないか、そんな気がしてきます。

続いてはコレ

2013 05 16 1212

目の前が線路ですよ。でも、これがヴィレッジヴァンガードテイストの手にかかると「緑ときどき電車」となってしまう訳です。あれ? 電車好き向けの物件? ガタンゴトンも子守歌的な?

線路の先には、もりもり新緑に満ちた藤が丘公園。 電車が通らなければこれが窓全面に映り込む風景。 でも時折その風景を電車が横切ります。 ということで電車好きには好立地です!

「オレ、電車が好きだから、この部屋に住んでんだ」そう言い張れそうな自信が湧いてきます。

こんな感じでヴィレッジヴァンガードのPOPマジック“POP力”が炸裂しているサイトが「ヴィレッジ不動産」です。繰り返しますが、不動サイトです。

もしかしてイケてないかも‥‥なんて思った時は、脳内ヴィレッジヴァンガード店員を炸裂させて、どんな負の場面でもポジティブに乗り越えられるようになりたいものです。