2010-08-05_2249.png

人気サイトをザッピングして見て回ることができる「Xappy(ザッピー)」というサイトのベータ版がスタートしています。

アクセス解析をしていたら見慣れないリファラがあり、確認してみたところ「Xappy(ザッピー)」だったという訳です。

サイトの紹介をみると、運営会社は電通とプリファードインフラストラクチャーが共同で提供しているようです。

余談ですが、プリファードインフラストラクチャーといえば、Googleレベルの学生が起業した「Preferred Infrastructure」という記事を書いたことがありまして、検索エンジン開発の分野で有名になりつつあるということでした。

さてサービスの方ですが、ユーザ登録しないと中が見れないようなので、登録してみました。

2010-08-05_2249-1.png

ユーザ登録にはID/PW、メールアドレスの他、生年月日、性別、居住地の入力が必要です。このあたりのデータは、サイトをザッピングする際に利用されるのでしょうか。

2010-08-05_2255.png

カテゴリ別に注目サイトがリストアップされるなどしています。

2010-08-05_2256.png

操作するにあたっては、いろいろと覚えることもありそうですが、とりあえず「XAPPY」というアイコン部分をクリックしていきます。

すると、次々にサイトが切り替わっていきます。

2010-08-05_2311.png

フレームの中でサイトが切り替わっていくのですね。

2010-08-05_2313.png

サムネイルでサイトを一覧できる、プレビューモードがあります。

2010-08-05_2319.png

サイトをクリップしておく、クリッピング機能もあります。

2010-08-05_2320.png

気なるサイトをメールで送信したり、ツイッターでツイートすることも可能です。

どうにも自分の好みでないサイトが表示されて、という時には‥‥

2010-08-05_2315.png

フィルター機能を利用すると良いみたいです。

むしろiPhoneアプリでザッピングしながら、気になるサイトをクリッピングするなりInstapaperなりに送れると便利そうですね。

と思ったら‥‥

2010-08-05_2322.png

既にあるらしい!

ほっほっほー。これは良いですね。

Xappy」からダウンロードできます(無料)。

気になるのは、どういう基準でサイトが表示されているのか、ということですが、はてなブックマークやツイッターのリツイートなど、ソーシャルメディアの情報を参考にしているのでしょうね、恐らく。

旬な情報、良質なサイトを自動収集・表示(そのサイトへ誘導)していきます」という説明もありますが、似たようなコンセプトのサービスは他にもあったような気がします。

なので、そうしたソーシャルメディアから浮かび上がる情報を、より見やすい形で提供しようとしているのが「Xappy(ザッピー)」といえるかもしれません。