知識が少なくとも手軽に出店できるという、海外販売専門ショッピングモール「shopPingMag」がオープンしています。

2008-09-09_1324.png

日本語、英語のバイリンガルウェブマガジン「PingMag」のアクセスの7割は海外からで、そこに掲載される商品を購入したいというリクエストが多かったそうです。

そこで、読者が実際に掲載されている商品を手に入れられるサービスとして「shopPingMag」が開始されることになりました。

「shopPingMag」を利用することで、翻訳家による翻訳サービスや簡易化された作業により、パソコンや英語に詳しくなくても海外向けのショップを簡単に開設することができるのだそうです。

気になる利用料金ですが、年間1万円からとなっており、けっこう気軽に出店することができそうです。

スタンダードプラン
出店料:63,000円(税込)/年間
システム利用料:売上げの5%(送料含まず)

ライトプラン
出店料:10,500円(税込)/年間
システム利用料:売上げの5%(送料含まず)

決済にはPayPalが使用されます。

2008-09-09_1331.png

ちなみに「スタンダードプラン」と「ライトプラン」の違いは、掲載できる商品数にあります。それぞれ無制限、8点までとなります。

サイトを英語化してみたら海外からの問い合わせが増えた‥‥なんてこともあるような気がしますね。

実は最近、アメリカ在住の義兄から日本人が自作しているギターのエフェクターに関する質問のメールが届いたのです。サイトを見ると海外からの問い合わせが急増していると書かれていました。

日本発のギターエフェクターというのも面白いのですが、海外で人気になっているというのも、さらに面白いですよね。

「shopPingMag」のようなサービスを利用すると、さらにそういう可能性が広がっていくのかな、と思いました。