日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の記事を読み比べることができる「新s(あらたにす)」というサイトがオープンしています。

Allatanys1

名前は読みにくい&URLが覚えにくいんですけど、個人的には面白い取り組みだと思いました。

実際のウェブサイトと見比べてみると、リアルタイムにトップの記事が連動しているようではないのですが、ザックリと読み比べできて、これはこれで便利です。

「くらべる一面」というのも良いですね。これだと、ウェブブラウザのスタートページに設定する人もでてきそうな気がします。

実は「編集局から」という、最下段にある編集後記的なものも読み比べられるのが面白いんじゃないかと思ったり。

Allatanys11

今日はみんな冷凍餃子の話。

おっとしかし! RSSフィードはなしです。読み比べが特徴だけに、サイトで並べて読んで欲しい、ということなのでしょうかね。

「allatanys.jp」というドメインが「おーるたにし」に見えますが「新聞こそが最も信頼性の高いメディア」、3紙共同サイトをアピールによると、

ALL at ANY (Asahi, Nikkei, Yomiuri)

ALL at ANY's

あらたにす

というのがサイト名の由来だそうです。

あらたにすでは、月間400万PVを目指し、3年目で広告モデルによる収益を見込む。「各紙サイトは毎日1,500万~2,000万PVあるが、あらたにすは記事をクリックして各紙サイトに移動するために滞留ながく、そこまでのPV数は見込んでいない」

RSSに関しても「3社の取り組みが若干違うので」として、今後の課題となっているようです。

日経・朝日・読売が新聞読み比べサイト「新s(あらたにす)」を31日開設によると、

2008年春を目処に、読者の意見をサイト上で紹介するコーナーや、3紙の記事横断検索機能、PCへのニュース配信ツールなどを予定する。

ということです。

■関連記事

「ネットで新聞復権を」 朝日・日経・読売が「新s」(あらたにす)

「ネットが普及し、メディアが多様化しているが、新聞こそ最も信頼性が高いメディアであり、今後もそうあり続けねばならない。現在、ネットに発信されているニュースは大半が新聞社の記事。他メディアより圧倒的に強く層が厚い取材力でニュースを発信する3社が力を合わせ、影響力や発信力を高めていきたい」

日経・朝日・読売の新サイト、「新s あらたにす」が1月31日オープン

新s あらたにすは、日経新聞、朝日新聞、読売新聞の3紙が発信するニュースや社説、解説、評論記事などを掲載する“新聞ナビゲーションサイト”。3紙のニュースを読み比べできるなど、組合ならではのサービスも提供する。