“レビューのWikipedia”目指す「rate it!」という記事より。

家電製品やネットサービス、飲食物、レストラン、病院などあらゆるジャンルで、商品名やサービス名、店舗名などを自由に登録し、5段階評価とコメントを付けられる。他人が登録した項目やコメントを再評価することも可能だ。

商品やサービス、店舗などのレビューを掲載することができる「rate it!」というサイトがオープンしています。

Rateit2

登録した商品や店舗について、自由に項目を設定して特徴を記述できる。例えばレストランなら「営業時間」「住所」「メニュー」などといった項目を設定し、それぞれの「年中無休24時間」「港区」「ラーメン」などと特徴を記入していける。

レビュー用に項目を自由に設定できるデータベース、みたいなものなのでしょうか。「最も近いサービスはWikipedia」と中の人がコメントしています。

「歯医者やワイン、塾、たばこなど、他人の評価を参考にしたいものは世の中にたくさんあるはずだが、評価の受け入れ口は意外と少ない。rate it!を“評価のたまり場”にしたい」

なるほど。でも、けっこうレビューサイトってある気がするんですね。どこが最も使われるか、という競争なのかな、と。

今後は、Google Mapsと連動した地図機能や、複数の評価軸を設定できる機能などを追加するほか、携帯電話からの利用にも対応する予定だ。

他にも、投稿したレビューを自分のブログに簡単に貼付けられるようになったりすると面白いかもしれませんね。ブログにテーブルを組んで評価を書き込んだりするのって、けっこう大変ですから。

APIが公開されるとそれを使える人も多いと思いますが、もっと簡単に項目を選択して好みのレビューだけ貼付けられたりとか、ブロガー需要が多そうな気がします。

ちなみに「rate it!」を開始したゼロスタートコミュニケーションズは、社長、副社長、専務がライブドア出身の企業です。特に社長の山崎氏はライブドアでも社長を務めていました。

2006年8月にはセルフプロデュース型SNS「posh me!」もスタートさせていました。