Teach yourself speed-reading with Spreederというエントリーより。

the Spreeder webapp trains you to increase your reading speed by displaying single words in succession at a high rate.

Lifehackerで、速読の手助けをするウェブアプリケーション「Spreeder」が紹介されています。

Several factors affect our reading speed, like subvocalization (the little voice inside our heads that reads along with us and slows us down), backtracing (rereading parts over and over again), etc. The purpose behind apps like these is to train our minds to get rid of all the other crap.

読むスピードには、頭の中で声を出して読むとか、パートを戻ってしまうとか、遅くなってしまういくつかの要因があるので、「Spreeder」を使ってそれらの要因を少なくしよう、ということのようです。

アクセスすると、このような画面が開きます。

Spreeder1

読みたいテキストを入力し‥‥

Spreeder2

あとは再生すると‥‥

Spreeder3

このような感じで、大きな文字でバシバシとテキストが表示されていくので、それを見ていくという流れです。スピードなどの微調整が可能です。

試してみると、確かに余計なことは考えずビシバシと単語が頭に入ってくる感じです。