Web上で編集が可能な動画共有サービス「ClipCast」という記事より。

ClipCastは、デジタルカメラや携帯電話で撮影した動画をWeb上で公開できるサービス。アップロードした動画はFLV形式に変換され、Flash Playerで再生できる。

日本でも動画共有サイトが増えつつありますね。そんな中、オンラインで編集も可能な「ClipCast」です。

アップロードした動画は好きなシーンの切り出しや、複数素材の合成などが可能なほか、テキストやフレームで装飾できる機能も用意されている。

MacだったらiMovieとかで編集すればいいのですが、オンラインでシーンの切り出しくらいできると便利ですよね。

サイトを見ると、Web 2.0テイストな感じになっています。

Clipcast

「アップロードした動画はインターネット上に公開され、ブログなどで表示することも可能」ということですが、YouTubeのように誰でも貼付けられるのではなく、投稿者のみのようですね。

■関連記事

ブラウザ上で編集もできる動画共有サービスが登場

ClipCastは、動画をアップロードして共有できるだけでなく、動画の編集をすることもできる。特別なソフトウェアを用意することなしに、ブラウザで、アップロードした動画をつなぎ合わせたり、動画に文字を入れたり、フレームをつけて装飾することができる。