使うほどに賢くなる日本語の「Googleパーソナライズド検索」開始という記事より。

パーソナライズド検索は、ユーザーが検索した履歴を表示、管理、学習することで、ユーザーの嗜好に合わせ、より求めている検索結果であるほど上位に表示される。

Googleパーソナライズド検索

記事によれば、

たとえば「アップル」を検索した場合に、ユーザーの過去の履歴から果物を求めているのか、コンピュータを求めているのか判断して、どちらかを優先的に表示させるというわけだ。

という事例が紹介されています。確かに同音異義語のような場合、うーんそれじゃないのに、みたいなことってありますよね。個人の嗜好に合わせて、そうした部分が学習されていく機能です。

検索の履歴を表示したり、カレンダーで検索頻度を見たりといったことも可能です。Gmailのように星印(スター)を使い、ブックマークとして残すこともできます。自分の検索行動を再利用できるということで、使い込めば便利になってく予感。

ブックマークの使い勝手がよければ、ブラウザのブックマーク機能はもういらない?

■関連記事

「Google Personalized Search」が正式サービスに昇格

Personalized Searchは、これまでGoogleの実験的サービスを公開するGoogle Labsの試験サービスとして登録者のみに提供されてきたが、正式サービスに昇格したことを受けて今後はGoogleアカウントを作成したユーザーすべてに対して、自動的に提供されるようになる。