米Yahoo!、デスクトップアプリのような新「Yahoo! Mail」のベータテストという記事より。

Yahoo! Mailベータ版は、米Yahoo!が2004年7月に買収した米Oddpostの技術に基づいている。現在ではAJAXと呼ばれるようになった、JavaScript、DHTML、XML、SOAPなどの技術を使用している。

Yahoo! が1年以上前に買収したOddpostの技術を用いた「Yahoo! Mail」ベータ版をリリースしました。

ユーザーインターフェイスは3ペイン構成で、メールをクリックすると同時に本文が表示されたり、ドラッグ&ドロップでメールを整理できる。また、キーボードショートカットや右クリックによって操作できる上、迷惑メール対策やウイルスチェックなどの機能がデフォルトで提供される。

ドラッグ&ドロップでメールを整理するなどの操作感も凄いことになっていますが、見た目も普通のメーラーのようです。実物を見ると驚きますね、これはしかし。Internet Explorer(Windowsのみ)またはFirefox(Windows、Macintosh)に対応です。

現在のベータテストはアメリカ内の限られた人を対象に行われていて、それ以外の国々の向けては数ヶ月以内にテストが開始されるそう。これ、日本語版が開始されたら是非使ってみたいです。

ベータテストの参加者によると、新Yahoo! Mailはデスクトップアプリケーションのようなユーザーインターフェイスと使用感が得られ、それでいてブラウザの中で動作しているアプリケーションだという。非常にキビキビと動き、GoogleのGmailよりも使用感が良いと評する人もいた。

こうなると、Gmailとの競争が楽しみになりますが、GmailはGmailで同時の進化をしていますから、また違った方向性での楽しみがあります。

■関連記事

Yahoo! Mail新バージョンのβテスト開始

ドラッグ&ドロップによるメールの整理やメッセージプレビューなどの新機能が加わり、メールのヘッダ、本文、添付ファイルを検索したり、複数のメールをまとめて参照することが可能になった。