「PostPet」がWebメールに、9月からSo-netでサービス提供という記事より。

ソニーコミュニケーションネットワーク(SCN)が運営するSo-netは23日、PostPetのキャラクターが登場するWebメールサービス「Webメール de PostPet」の開発を開始したと発表した。

So-netがPostPetのウェブメール版「Webメール de PostPet」を開始するそうです。So-netのメールを使用している人は追加料金なしで利用できるとのこと。

「Webメール de PostPet」はFlashをベースとしたサービスだそうです。スタンドアローンのアプリケーションでなくても、Flashで実現してしまいました。ウェブベースだと、使う場所を問わないというのが良いですね。

確かに、アプリケーションを購入してパソコンにインストールして‥‥というよりは、ウェブベースの方がはるかに簡単です。ソフトウェアのアップデートの手間もないですしね。アプリケーションソフトの売上よりも、「Webメール de PostPet」目当てでSo-netに入会してくれるユーザの方が良い、という判断なのでしょうね。

「PostPet Town」というサイトも開設し「Webメール de PostPet」で利用するアイテムを有料販売するそうです。なるほど、そういうところでも課金するんだ。

So-net blog:Webメール de PostPet つれづれ企画日記も開設されています。

■関連記事

PostPetのWebメール版が9月に登場

PostPetは1996年に第1弾が登場したメールサービスで、ソフトの累計出荷数は約111万本、Web関連サービスの登録数は約50万人。