goo、CDへの書き出しに対応した音楽配信サービス「goo Music Store」という記事より。

NTTレゾナントが運営するgooは、音楽配信サービス「goo Music Store」の提供を12月20日より開始した。料金はシングルが1曲ごと200円〜350円程度で、アルバムが810円〜3,150円程度。サービス開始時には約6万曲を用意し、2004年度末には20万曲まで追加する予定だという。

goo Music Storeでは、

・ポータブルオーディオプレイヤーへの楽曲転送は3回まで可能
・東芝EMIとワーナーミュージック・ジャパンの楽曲は10回までCDへ書き出し可能

だそうです。ふと思ったのですが、CDへ書き出す割合ってどのくらいなんでしょうね。ぼくの場合、iTunes + iPodなので、ほとんどCDに焼くことはありません。CDへ焼けるというのは、いざという時の保証というか安心感みたいなものになっています。

配信システムは、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が運営する「OCN MUSIC STORE」の配信プラットフォームを共同利用する。加えて、コンテンツホルダーとの交渉・提携についても、NTT ComとNTTデータ・コンテンツプランニングの2社と連携して進めていくという。

コーデックは、Windows Media Audio(WMA)、DRMはWindows Media Technology Digital Rights Management、再生プレイヤーはWindows Media Player 9以降が採用されているそうです。