MSN Music、まもなくサービス開始へ――MSvsアップルの戦いが再びというニュースより。

情報筋によると、iTunesに対抗するMicrosoftのサービスは、米国時間9月2日に予定されるWindows Media Player 10のベータリリース発表と同時に開始になるという。「MSN Music」というこのサービスは一部の機能を欠いた「ベータ」モードでスタートするが、これらの機能は後に追加されることになる。

MSN Music

MicrosoftがAppleのiTunes Music Storeに対抗するために「MSN Music」というサービスを開始しました。現在はベータ版です。販売価格は1曲当たり99セント、アルバムは9.99ドルです。

MS、音楽販売サイト「MSN Music」のβ版立ち上げ

サイトに掲載された情報によると、大手レーベルやインディーズ系アーティスト、未発掘のアーティストなど100万曲以上をそろえ、このうち約半分をダウンロード販売している。

Appleの場合、iPodと連携するiTunsesが秀逸の出来なので、そういう良さもあると思うんですよね。MSN Musicはどうなるでしょうか。

ダウンロードしたファイルは160KbpsのWMAファイルでエンコードされ、Creative Technologiesの「Muvo TX」、「Rio Carbon」「Dell Digital Jukebox」など約70種類の携帯音楽プレーヤーで再生できる。

Macには未対応、再生できるのは5台、CDへの書き込みは7回、携帯音楽プレーヤーへの転送は無制限となっています。iTMSと大きく違うのは、MSN Music、日本でも今秋スタートが予定されていることでしょう。

■関連記事

米MSが音楽配信サービスに参入、1曲99セント

現在は米国のみでサービスを展開しているが、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、ブラジル、韓国、オーストラリアにも拡大する計画である。

マイクロソフト、音楽配信サービス「MSN Music」のプレビュー版公開

MSN Musicの売り物の1つは、Windows Media PlayerやMSNのウェブポータル、ウェブ検索エンジン、インスタントメッセージなど、Microsoftが提供する他の有力なサービスとこれが統合されているところにある。

アップル vs MSの舌戦がスタート――「MSN Music」公開で早速

iPodミュージックプレイヤーとiTunesミュージックサービスで新しい流行を生み出してきたAppleは米国時間2日、ライバルMicrosoftが始めたMSN Musicダウンロードサービスについて、機能や楽曲数がiTunesより少ないと批判的な発言をした。

“シンプルさ”でシェア狙うMSN Music

また同サービスの始動は、最近ようやく収益を上げられるようになったばかりの同社のMSN部門にとって重要な意味を持つ。業界観測筋は、HotmailとMSN Messenger、および同サービスを提供するためのWMPネットワークの影響力をもってすれば、この10億ドル規模の音楽ダウンロード市場においてMicrosoftは大きなシェアを獲得できるはずと予想している

iTunes対抗馬にはまだ力不足――MSN Musicを使ってみた

MSN Musicの購入・ダウンロードプロセスは煩わしく、分かりにくい。紛らわしいことに、「Buy」ボタンをクリックすると、ボタンの表示が「Purchased(購入済み)」に変わるが、それは、その楽曲がユーザーのものになったという意味ではない。さらにダウンロードの進捗を確認するには、別の画面に切り替えなくてはならない。

MSがついに音楽サービス参入。Appleへの追い上げは可能か?

1つ目の武器は、人気の高いMSNサイトだ。これはサービスの基盤を提供するだろうし、もしかしたら音楽サービスに多数のユーザーを誘導するかもしれない。