大手サイトを横断してホテル料金を比較する「モノリス」が立ち上がりました。

宿泊したい都道府県や地域と日時、泊数、1部屋の宿泊人数(1人か2人。3人以上は未対応)をプルダウンメニューから選べば、条件に合った宿泊施設が料金の安い順に表示される。

モノリス

モノリスは、複数の国内宿泊予約サイトのデータを自動収集し、宿泊料金を比較できるサービスで、オープン当初は「じゃらんnet」「旅の窓口」「ベストリザーブ」の3サイトのデータから検索できるそうです。合計で約2万2000施設、約340万プランが対象。

モノリスのデータべースは、各宿泊予約サイトを巡回して必要なデータを抽出、分類する独自のクローラーシステムによって自動更新される。施設名の表記の揺れにも高精度に対応。同じ施設の表記が各サイトによって、「地名+施設名」「施設名のみ」というように違っても、どの施設同士が同一なのか自動で判断してデータベース化するという。

おお、これは凄いですね。朝日新聞にも開設のニュースが掲載されていましたよ、そういえば。

旅行サイトって便利そうなんですが、確かに複数サイトを横断的に比較する方法がなくて、結局はパンフレットや雑誌を見て旅行探しをしていました。施設表記の揺れを分析して対応してくれるとなると、これはかなり使い勝手もよくなるのではないかと推測されます。現在は「ビジネスホテル、シティホテル、旅館」ということでビジネス利用がメインのようなのですが、家族向けのプランとか検索できると嬉しいかも。

各サイトにデータ利用の許可は取っていないが、「宿泊施設に特化してはいるものの、Googleなどと同様の検索サイトという位置付け。宿泊サイト側には理解してもらえると考えている」(藤村寿之最高マーケティング責任者)。

この辺がどうなるか、という気もしますが、検索される側からすれば利用者が増えるのですから、無問題といったところでしょうか。ビジネスモデルは宿泊施設や宿泊予約サイトなどからの出稿を見込むサイト内に表示する広告だそうです。