小鳥さんで紹介されていた「ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!と夫(゚Д゚)ゴルァ!」は涙無しでは読めませんでした。特に、夫(゚Д゚)ゴルァ!は‥‥。

こういうのって、ある意味名作ですよね。ドラマや映画のシチュエーションとしてはありがちかもしれませんが、真実の話だと思うと、かなり感情移入してしまいます。本当に、人の数だけドラマがあるんだと、当たり前のことを当たり前のように考えてしまいます。

忘れろと言われても忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!
死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!