NTT Com、OCN会員向けの楽曲ダウンロードサービス「OCN MUSIC STORE」が6月から開始するそうです。

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、音楽ダウンロードサービス「OCN MUSIC STORE」を6月7日より開始する。料金は1曲210円〜367円で、サービス開始時には約2万曲を用意、2004年度中に30万曲の楽曲を用意する予定。

エキサイトに続き、OCNも音楽配信サービスを開始することを発表しました。最初に使ったサービスを使い続ける可能性は非常に高いですから、ユーザ獲得合戦になりそうです。どうする、Apple?

OCN MUSIC STOREサービス開始時の参加レーベルは、日本クラウン、コロムビアミュージックエンタテインメント、セーニャ・アンド・カンパニー、東芝EMI、徳間ジャパンコミュニケーションズ、VAP、ビクターエンタテインメント、フォーライフ ミュージックエンタテイメント、ポニーキャニオンで、夏頃にはワーナーミュージック・ジャパンが参加する予定。

エキサイトのサービス開始が東芝EMI、コロムビアミュージックエンタテインメントの約1,100曲だということと比較すると、かなり充実している感じがします。エキサイトは年内10万曲ですので、OCNの30万曲は実に3倍です。しかし、料金はシングルが210円〜367円で、アルバムは1,449円〜2,404円ということで、エキサイトの1曲150円からで、邦楽新譜が270円前後、アルバム単位だと1,500~2,000円程度と考えると少し割高になるのでしょうか。

購入した楽曲はPCのほか、ポータブルオーディオプレーヤーに転送して利用できる。対応するポータブルオーディオプレーヤーはRio Japanの「Rio NITRUS/EIGEN」「Rio KARMA」「Rio CHIBA/Sシリーズ」が推奨されており、他のポータブルオーディオプレーヤーにも順次対応していく方針。

エキサイトの推奨プレーヤーはクリエイティブメディアでしたが、OCNではRioになるそうです。今後はTrackBackなどで「ブログ人」との連携も検討だそうです。

AmazonでRioのポータブルプレーヤーを調べる

■関連記事

OCNも6月に音楽配信スタート 1曲210円から

料金は、同社の課金機能「OCNペイオン」で支払う。

OCNの音楽配信サービスが6月にスタート、今年度中に30万曲をラインアップ

NTT ComではOCN MUSIC STOREを同社のブログサービスや物販サービスなどと連動させて、総合音楽サイトにしたいとしている。

OCN も6月に音楽ダウンロードサービス開始

ファイル形式は WMA(Windows Media Audio)で、マイクロソフトの著作権保護技術「Windows Media Digital Rights Management(DRM)」を採用する。

OCNの音楽配信サービスが6月スタート、今年度中に30万曲を配信

6月7日時点で対応可能なプレーヤは、Rio Japanの「Rio NITRUS/EIGEN」「Rio KARMA」「Rio CHIBA/S」シリーズ。

ISPからはOCNが音楽配信 - 会員向けに、年度末には30万曲

楽曲のファイルフォーマットはWMA(Windows Media Audio)で、ビットレートは128kbps。著作権保護にはWindows Media DRM(Digital Rights Management)を採用し、携帯型音楽プレイヤーには原則として3回まで転送できる。