スポンサードリンク

エッジ、宝くじの共同購入サービスを開始

スポンサードリンク

エッジ、宝くじの共同購入サービスを開始

エッジが自社のISPであるlivedoorで、宝くじの共同購入ができる「livedoor 宝くじ」を開始しました。

同サービスは、宝くじの共同購入サービスで、関東を中心に全国のいわゆる「当たる」売り場のみで、11月25日に発売される年末ジャンボ宝くじを共同で購入し、当選があった場合、口数に応じて分配する、というもの。

スポンサードリンク

一口3,000円から参加することができ、利用にはlivedoorへの登録が必要です。livedoorユーザ登録促進の一環ですが、なかなかそそられるサービスですね。個人的には宝くじは買わないんですが、一口3,000円の共同購入だったら面白そう。

スポンサードリンク

前へ

Mac OS X“Panther”に見る次世代OS技術

次へ

使わない衣類の収納・保管する「e‐closet」