スポンサードリンク

「ネプチューン」名倉潤、うつ病で2ヶ月休養を発表

スポンサードリンク

「ネプチューン」名倉潤、うつ病で2ヶ月休養を発表

お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤が、うつ病を発症しで約2ヶ月間の休養をすることを発表しました。ネプチューン名倉潤、うつ病発症で約2カ月間休養へという記事になっていました。

お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、手術後にうつ病を発症し、リハビリのため約2カ月間休養すると所属する大手芸能事務所ワタナベエンターテインメントが1日、発表した。

スポンサードリンク

発表によると、名倉潤は2018年6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受け、手術の経過は良好でした。

一方で、手術の「侵襲(しんしゅう)」という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要になったということです。

「侵襲」というのは初めて知ったのですが、侵襲 - Wikipediaによると「医学では、外的要因によって生体内の恒常性を乱す事象全般を指す用語として使われる」ということです。

医療行為としての侵襲は、外科手術などによって人体を切開したり、人体の一部を切除する行為や薬剤の投与によって生体内になんらかの変化をもたらす行為などを指す。

手術によるストレスがあった‥‥ということなのでしょうね。

名倉潤は「少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントしています。

加藤浩次、休養の名倉潤を気遣う「俺のこと心配している場合じゃないだろう」によると、加藤浩次は「その中で首のヘルニア、痛いなっていうのがあって、手術の経過も良好だといいながら、あんまり良くなかった、違和感もあったという話も僕聞いています」と「スッキリ」で語ったということです。

2ヶ月と期間を区切らず、じっくりゆっくり休養して欲しいところですが。

関連記事

名倉潤さんが2カ月休養 手術後にうつ病発症  :日本経済新聞

昨年6月末に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を受けたが、そのストレスが原因でうつ病を発症したという。

ネプチューン名倉潤さん、うつ病を告白。リハビリで2カ月休養「体調を回復させて戻って参ります」 | ハフポスト

相方の原田泰造と堀内健も「潤ちゃんが元気に戻るまで、そして安心してゆっくり出来るように、しばらく2人ネプチューンで頑張ります! 番組などの関係者の皆様には、様々な面でお力添え頂く事になりますが、どうぞよろしくお願い致します」とコメントした。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

アルバイト求人情報「an」サービス終了と発表

次へ

元NGT48山口真帆、活動再開で1st写真集を発売へ