B001PKI8AS

リアクション芸人としての出川哲朗の転機は「ダウンタウン」松本人志との出会いだったそうです。「人志松本のすべらない話」に出演し、25年前の出来事を語ったのだとか。出川哲朗 リアクション芸の原点は松本人志!恩人の言葉、鮮明に記憶という記事になっていました。

出川はリアルに嫌がっていただけだが、その反応に収録スタジオは爆笑の嵐。番組のエンディングで、松本はウンナンに「この子(出川)おもろいな。おもろいから、今度この子貸してや」と言った。出川は「鮮明に、強烈に覚えているんですよね」と振り返った。

同い年の二人ですが、芸歴でいうと松本人志が1年先輩だそうです。プラトベートでウッチャンナンチャンと出川哲朗が後楽園遊園地に遊びに行った際に「恐怖におののく出川のリアクションに、ウンナンは大笑い」し「今度、罰ゲームでジェットコースターに乗せよう」とVTRが使われたのがダウンタウンとの特番で、そこで松本人志に気に入られたのが、リアクション芸人・出川哲朗の転機になったのだとか。

「このリアクションは、こんなにおもしろかったんだって。自分の芸風はそっち(リアクション芸)なのかなって」ということで、まさにリアクション芸人として目覚めた瞬間だったのですね。

もともと出川哲朗はウッチャンナンチャンとの劇団に所属しており、お笑い芸人ではなかったんですよね。以降は「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」などで活躍し、リアクション芸人としての地位を獲得していきます。

出川哲朗のリアクション芸人の転機が松本人志だったとは。